世間のイメージとは違う?!秘書の仕事の内容と責任の重さ

秘書の仕事の責任について

秘書になると事は、会社組織の重役の世話に取り組むことになることからミスは許されません。仮に派遣で就いた場合でも責任は同様です。会社組織が大きければその分だけミスもとても大きな損害になりかねません。そうなった場合に重役が恥をかきそれと併せて自分自身にも恥になります。原則として信頼関係になりますので、信頼関係が揺らぐ可能性も出ます。秘書は常にこうした責任のもとで仕事に従事する必要があります。

世間のイメージよりも重い責任があります

一般社会の秘書のイメージは、主として女性の方が務め綺麗な方がなるという印象が強いですが、実際のところは男性の方がなっているケースもありますし、目立たない女性も秘書になっています。言うまでも無く魅力的な人に越したことはありませんが、それが要因でトラブルが起きてしまうこともあります。そうなった場合に、当たり障りのない人材を選択した方が賢明ということになります。良い秘書とは外見上ではなく内容で見極めることが大切になります。秘書は、重役の立場から考えると自らのスケジュール管理をしてくれている重要な存在といえます。マネージャーと同様の感覚といえます。一切合切を秘書に任せます。従ってそれだけ信頼をおいているといえるでしょう。秘書がミスすればその分だけ信頼性は失われるのは当然のことでしょう。しっかりと責任を持ち職務を完遂できる人のみができる業務内容といえます。ですから、世間でイメージされているよりも重い責任を伴います。

秘書の派遣では、大手企業からの求人も多数存在するため、資格や経験などを活かして秘書として働きたい場合には魅力的な求人が見つかります。