外資系の会社で英語の面接を突破する3つのコツ

リスニング力をつけておく

外資系の会社では英語で面接が行われます。英語でいろいろなことが質問されるので、その質問に的確に答えなければなりません。この時にまず大切なことは、面接担当者の質問を確実に聞き取ることです。当たり前のことですが、面接のときは緊張しているのでうまくいかないことがあります。または英語力が不足して聞き取りにくいこともあるかもしれません。試験の準備として、繰り返しいろいろな英語を聞くようにしましょう。語学試験のリスニング用の問題集が最適です。

質問に対する答えを英語でまとめておく

外資系の面接で質問されることは、日本の会社の面接とそれほど異なっているわけではありません。例えば、その会社を志望した理由は必ず質問されます。それからこれまでの自分のキャリアのことも質問されるでしょう。これらのことを英語でスムーズに話せるように準備しましょう。頭の中で文章を組み立てておくだけでは不十分です。紙に書きだして、書きだしてものを数回推敲します。この時に文法的なミスがないかチェックするのを忘れてはいけません。推敲が終わったら、それを暗唱できるようにします。

転職会社で模擬面接を受ける

面接の前に模擬面接を受けるのは、非常に効果的な方法です。面接の本番ではどんな人でも緊張します。特に英語による面接だったら、緊張の度合いが高まるでしょう。準備として模擬の面接を受けておけば、本番の時の緊張を小さくできます。模擬面接は、外資系の会社の仕事の情報を取り扱っている転職会社で受けることができます。無料で受けられるので、ぜひ自分に合った転職会社に登録しましょう。面接を受けた後は、改善すべき点を教えてもらうことができます。それを本番に生かせば、外資系の面接は突破しやすくなります。

外資系の転職では、英語力が求められることが多いです。書類や取引先とのやりとりで英語が使われることが少なくありません。