産業医には様々な役割があり、かなり忙しいです

産業医について知っていますか?

産業医とは厚生労働省が定めた制度で、従業員が50人以上在籍している職場には必ず配置するように法律で定められています。産業医の役割は多種多様で、定期健康診断の際のアドバイスや安全衛生委員会への出席があります。健康状態が良くないスタッフがいる場合には、産業医はアドバイスを行う事もあります。

長時間勤務のスタッフにはアドバイスを行います

勤務先によっては定時で帰れなく、結果的に長時間勤務をしなければならなくなる場合もあります。そのようなパターンだと、産業医は体調不良に陥らないようにアドバイスを行います。産業医が面談をした段階で体調不良になっていた場合には、適切な医療機関に繋ぐのはもちろんですが、仕事にも影響が出るようであれば、人事部門に申告するのも産業医の大切な役割です。

休職中や復職のサポートもします

休職しているスタッフがいる場合にはそちらのスタッフに対するサポートも行います。治療している医師と連携して復職のサポートもします。定期的な面談の中で体調の回復具合を確認したり、生活のアドバイスも行います。復職したスタッフに対しては、定期的に個別相談などを通じて、確実に復職できるようにサポートしていきます。

健康診断の結果説明もします

会社によっては健康診断の説明をしている時もあり、その際に産業医は大きな力になります。病院通院を進める場合、何科に行った方がいいかアドバイスをしていきます。専門外の病気の説明を求められる時もあり、産業医には自分の得意分野以外の病気も説明できるようにしておかないといけません。

産業医の募集は大企業で多く行われており、充実した福利厚生や働きやすい勤務体系など、様々な魅力があります。