警備員のバイトのメリット!夏休みにやるとお得?

自由度が高いことがメリット

警備員のアルバイトは、研修さえクリアすることができればその後は比較的自由に働くことができます。研修の期間は会社によって異なり、3日~4日であることが多いです。研修中も給料は発生します。

研修をクリアした後は、基本的には自分が働きたい日・時間帯に働くことができます。ただし、1日のうち4時間だけ働くといったことはできないことが多いです。イベント警備などでは4時間といった短期間だけ働くということができる場合があります。工事現場の警備などでは、基本的には工事が終わっていないのに途中で帰るということはできません。工事現場では誘導員を配置することが条例などで義務付けられていることがほとんどだからです。その場合、警備員がいなくなったら工事の続行ができなくなってしまいます。

警備員のバイトは夜勤が魅力?

警備員のバイトでも深夜手当ては発生します。法律では深夜労働をした場合最低25%の割増賃金をつけることが義務付けられています。警備員のバイトの求人を見ていると、25%の割増手当てがつくのではなく、日給7,000円、夜勤では8,000円というように、固定の給料が設定されていることが多いです。これは一見するとデメリットであるかのようにも見えますが、実はそうでもありません。

警備員の夜勤バイトは予定していた時間よりも早く終わることが多いです。例えば、工事が21時から5時までの予定だったとしても、3時くらいに終わることもあります。このケースなら早く終わったとしても夜勤の日給である8,000円がもらえるということなので、労働者にとってはメリットでしょう。夏は昼よりもむしろ夜のほうが働きやすいという意見も多く、人気が高いようです。

警備員のバイトのメリットは沢山あります。まず、比較的自由にシフトを決めることができるので、副業として適しています。また、日払いや週払いが多い上に深夜の仕事も多く、深夜手当で稼ぎやすいです。