転職を成功させるために!英語で職務経歴書を作る時のポイント

職務経歴書を英語で作る時の基礎知識

英語で職務経歴書を作る時には、押さえておきたい基礎的なポイントがいくつかあります。まず第一に、職務経歴書は簡潔に1枚でまとめることです。外資系企業は現場の担当者が、仕事中に書類選考する場合が多いです。このため長々と書かれるよりも、簡潔にまとまっていた方が喜ばれます。そして絶対に書いておくべき内容は、希望する職種、職歴、学歴、連絡先、資格の5つです。それぞれに項目を区切り、解かりやすくしておきましょう。また英語の書類だけでなく、日本語の書類の提出を求められるケースも少なくありません。日本語のものが必要かどうかは、予め確認しておきましょう。

見やすくて解りやすいフォーマットを利用する!

英語の職務経歴書のフォーマットを選ぶ時は、ビジュアルの良さが重要です。さらにアピールポイントが、パッと見てすぐに解かるようなものを選びましょう。ネット上には様々なフォーマットが掲載されていますが、自分で見た時に解かりやすいと思えるものを選んだ方が良いでしょう。

短いフレーズで経歴を説明する

経歴を説明する時は、短いフレーズを多用して簡潔にまとめていきます。会社名や職種はもちろんのこと、ポジションも明記しておきましょう。さらに業務内容だけでなく、成果や結果も記入した方が良いです。この点をしっかり書いておくことが、採用担当者へのアピールにつながります。

スペルチェックも忘れずに

英語で職務経歴書を書く時は、最後にスペルチェックも行いましょう。スペルミスはマイナスの影響を与えてしまいます。また文法や言い回しに自信が無い場合は、可能であればネイティブにチェックしてもらいましょう。

外資系企業、貿易会社、商社などの面接を英語で乗り切るには、学歴は簡単に説明し、職歴と自己PRを重点的に話します。