勤務日や勤務時間を選べる

医師として、自分でクリニックを開業していればそれなりに自由がききます。もちろん営業時間があるのでそれは守る必要がありますが、営業時間がいや休診日などはきちんと休みが取れます。病院勤務となると病院での勤務サイクルを守る必要があり、かなり自由を制限されます。女性医師なら家事や育児と両立しにくいですし、男性医師も家庭サービスなどがしにくくなります。そんな中で非常勤で働く道があります。正式な勤務ではなく、臨時的な勤務になります。病院の都合だけでなく、自分自身で希望を伝えたうえで仕事ができます。夜勤を選択しない、土日を休みにするなどの働き方も可能になります。小さい子供がいても、医師としての仕事を続けやすくなります。

特定の経験を積みたいときに利用

医師として、基本的には病院などで常勤勤務をするでしょう。それぞれの病院で方針などがあるので、方針以外の治療などは行えない時があります。医師として患者の治療をするのが仕事ですが、スキルアップをすればより多くの治療ができるようになります。一つの医療機関だけではなかなか経験を積めません。そこで行うのが非常勤での勤務です。常勤での勤務以外に、休日などに非常勤として勤務をします。常勤で勤務している病院では行えない経験ができれば、しっかり経験を積めるようになります。経験を積んで技術を増やせば、将来的に別の医療機関への転職がしやすくなります。与えられた仕事だけでなく、自分で積極的に技術を身につけたい人にいい働き方です。

医師の募集が注目を集めているのは、多くの関心が寄せられているからです。とりわけ、地方山間部では医師不足が深刻化しています。